Page: 1/1   
9/1から天神地下街で無料でWi-Fiが使えるように
0


    今現在、私自身、プライベートではドコモのケイタイ以外に
    iPhoneでなくiPodTOUCHを使っています。

    自宅では、無線LANなのでPCを立ち上げなくても
    iPodTOUCHでメールチェックができます。

    しかし、Wi-Fiの電波が届かない所に行けば、
    只の音楽プレイヤーに成り下がってしまいます。
    ポケットWi-Fiという卵型の機器も持ってますが、
    あまり活用していません。
     
    今度天神地下街では9/1から
    登録やパスワードそして接続料もかからないという
    無料のWi-Fiがはじまります。

    ちょっと期待しています。

    てんちかブログより転載

    9月1日から、更なるお客様の利便性アップのために、Wi-Fiが使える環境を整えて、お客様をお迎えいたします。

    昨今のスマートフォンやタブレット端末のめざましい普及に伴い、更に需要が高まっているインターネット。
    それが無料で楽しめる空間づくりを、この度、南北約590mの2本の通りで天神を結ぶ、天神地下街ならではの壮大なスケールで実現します。

    多様なお客様ニーズにお応えしたく、福岡地下街開発株式会社が取り組んだもので、利用にあたっての登録等も不要、パスワード入力も不要、接続料も無料となっております。

    JUGEMテーマ:地域/ローカル
    | suitou | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    韓国のブログに「ソラリアプラザのTV-CM」について書かれてました
    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      韓国のブログに
      「ソラリアプラザのTV-CMを見て
      こういうのが増えたらいい」と
      書かれてましたので紹介します。

      【韓国ブログ】日本のCMは面白い!韓国人の印象に残ったのは?

      2009年のCMクイーンに女優の上戸彩が、キングにはSMAPの木村拓哉とゴルフ界の王子・石川遼がともに名を連ねた。有名人の出演はその知名度だけでも良い広告となるが、そうでない場合はアイディアが勝負となる。近年は面白い発想のCMも多く、つぎつぎと物語が展開されるシリーズ化されたCMも思わず見てしまう。特に、インパクトのあるCMは、そのテーマ曲やフレーズを知らないうちに覚えてしまうこともある。

        これについて、ブロガーのミリョは印象に残る日本のCMを2回に分けてブログに紹介している。「前回印象深いCMを全部紹介したと思ったが、その後も一つずつ思い浮かぶものがある」と語るブログ主は、インテルの「分解くん」や「宇宙人」編を紹介し「とてもよくできた広告」との見解を示す。他にもサントリープロテインウォーターの「ゴリマッチョ」編(耳に入るフレーズ)、クレラップの木村カエラ編(とにかく面白い)、サントリーBOSSの「宇宙人ジョーンズ・秋葉原」編などを取り上げている。

        一方、屋上での戦いを影の人形劇のように描いた映画の場面が記憶に残っていると語るブロガーのソントグは、それよりも「もっと面白い発想で広告を作ったところ」として福岡のソラリアプラザのクリスマス広告の映像を掲載し、「カメラが空中から見降ろすショットで、町中の店から漏れてくる明かりが長い影を作っている。そしてこの影がストーリーを作っている」と、感想を綴っている。

        続けて、ブログ主は「このような創意的な広告が増えたらいいが、韓国の広告をみると本当にアイディアは皆無状態、韓国でも奇抜な発想の広告が増えたらいいと思う」と期待を寄せた。(編集担当:金志秀)

      元ブログhttp://photohistory.tistory.com/6937
      | suitou | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      福岡でもグーグルストリートビューがはじまる
      0
        JUGEMテーマ:Google

        福岡市でもグーグルストリートビュー
        12/2よりはじまりました。

        福岡市中央区天神で検索して
        何度も拡大してたら、地図が実際の画像に変わりました。

        天神で調べたら、まず「新天町」が出てきました。
        googleストリートビュー

        友人の住所を検索したら
        いきなり玄関が表示されました。

        http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/137949
        米インターネット検索大手グーグルの日本法人は1日、道路上から撮影した風景をパノラマ写真で表示する地図検索サービス「ストリートビュー」の対象地域を2日から拡大すると発表した。拡大エリアは新潟、岡山、広島、福岡、熊本の5県の一部。

         同社によると、ストリートビューは2008年8月に東京や大阪など12都市を対象に開始。今年10月に名古屋、長崎などが加わった。今後も対象地域を広げていくという。

         ストリートビューをめぐっては、人の顔や車のナンバーなどが写り込み、プライバシーや人権を侵害しているとの指摘が自治体などから相次いだ。総務省は6月、個人情報保護法違反には当たらないとの見解を示し、8月にはプライバシーに一層の配慮をするよう同社に求めていた。

         グーグルは5月から人の顔や車のナンバープレートに自動でぼかしが入る技術を導入。9月からは撮影中の大まかな場所をサイトで公開している。

        | suitou | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        Entry

        Category

        GoogleAdsense

        Link

        Archives

        Comment

        Trackback

        Search

        Profile

        Feed

        Mobile

        qrcode